(冬のワークショップ会場より臨む羊蹄山)   

 

趣旨:

「脳と心のメカニズム」ワークショップは、実験と理論研究の研究者間の橋渡しと、若手研究者の育成を主な目的として、毎年夏と冬に開催されています。平成元年より脳の特定領域研究により開催されて来たワークショップを、平成11年から主催団体の幅広げ、脳と心のメカニズムワークショップ委員会により企画、開催されています。

News!


2019年1月9日(水)~1月11日(金)、第19回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップが開催されました。

2018年1月9日(火)~1月11日(木)、第18回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップが開催されました。

2017年1月11日(水)~1月13日(金)、第17回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップが開催されました。

2016年1月6日(水)~1月8日(金)、第16回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップが開催されました。

2015年1月7日(水)~1月9日(金)、第15回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップが開催されました。

2014年10月6日(月)、第13回 脳と心のメカニズム 夏のワークショップでお招きしたJohn O'Keefe教授がノーベル医学生理学賞を受賞されました!おめでとうございます。

   (ワークショップ内ディスカッション風景)   


2014年9月14日(日)、第15回 脳と心のメカニズム 夏のワークショップが開催されました。

   
******************************

主催 日本神経回路学会
ATR脳情報総合通信研究所
沖縄科学技術大学院大学神経計算ユニット
心の先端研究のための連携拠点(WISH)構築
産業技術 総合研究所人工知能研究センター
新学術領域研究
「時間生成学―時を生み出すこころの仕組み」
「行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構」
「脳内身体表現の変容機構の理解と制御」
「多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出」
「人工知能と脳科学の対照と融合」
「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解」
「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」
「個性 創発脳」
「意志動力学(ウィルダイナミクス)の創成と推進」
「脳情報動態を規定する多領野連関と並列処理」
「マルチスケール精神病態の構成的理解」
科学技術振興機構CREST
「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」
「社会脳科学と自然言語処理による社会的態度とストレスの予測」
「神経科学の公理的計算論と工学の構成論の融合による人工意識の構築とその実生活空間への実装」
「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」
文部科学省
ポスト「京」萌芽的課題アプリケーション開発
「脳のビッグデータ解析、全脳シミュレーションと脳型人工知能アーキテクチャ」
共催 東京大学 最先端数理モデル連携研究センター
北海道大 学脳科学研究教育センター
東北大学 包括的脳科学研究・教育推進センター
広島大学 感性イノベーション拠点



 
©2011 Mechanism of Brain and Mind